インフルエンザを予防|消毒と手洗いでウィルスを撃退

猛威を振るう

鼻をかむ男性

インフルエンザは、毎年のように流行しています。このようなインフルエンザの最大の特徴といわれているのが、症状の突発性です。急激に症状が発症するため、できるだけ予防を行うことが大切です。

もっと知ろう

風邪とは違う

マスクの婦人

インフルエンザは同じ感染症である風邪とよく間違われることがあります。ただ、強い頭痛や高熱などが続くこともあるため、そのような時はインフルエンザかもしれません。病院での治療や予防をしておくといいでしょう。

もっと知ろう

予防しておく

ウィルス

インフルエンザの感染力は高く、集団感染などを引き起こすこともあります。インフルエンザに感染してしまうと高熱が続くだけではなく頭痛などの辛い症状が続くためできるだけ予防をしておくことが大切です。ただ、インフルエンザの予防方法を把握していない人も少なくありません。手洗いやうがいといった予防を行うと、感染の原因となる主な感染経路を防ぐことができます。それだけではなく、消毒を行えばさらにインフルエンザウィルスへの感染を防ぐことができるのです。風邪と間違えることも多い、インフルエンザですが大きな違いがあるということも把握しておきましょう。その違いを把握しておけば、できるだけ早めに病院での対応をすることもできます。

あらゆる予防方法の中でも特に効果があるといわれているのが、予防接種です。予防接種を受けておけば、インフルエンザの発症を防ぐことができるといわれています。ただ、すぐに効果がでるわけではないためインフルエンザの流行する前に予防接種を受けておくことが大切です。インフルエンザに感染してしまった時は病院で治療を行うことが大切です。病院では抗インフルエンザ薬であるタミフルやラピアクタなどを処方してくれるため、できるだけ効果的に治療することができます。熱が高いときは解熱剤などが処方されることもあります。インフルエンザは感染してしまうと、危険となることもある病気です。このため、できるだけ感染を防ぐための予防が大切になってきます。

予防方法を把握しよう

頭を押さえる男の人

インフルエンザにならないようにするためには予防が欠かせません。その方法として、手洗いやうがい、マスクがあります。どのようにインフルエンザに感染してしまうのかチェックしましょう。

もっと知ろう